このページの先頭へ

高齢者のためのリフォームの盲点

高齢者のためのリフォームの盲点

高齢者のためのリフォームの盲点

 

住宅には危険がいっぱい

 

 

住宅はデザインと性能ともう一つ大切なことがあります。
それは安全性です。

 

年齢が30代から50代には快適に住める住宅であったとしても
そのまま高齢にさしかかっても安全に住めるかというと疑問が残るものです。

 

なぜなら
高齢者と同居するか、自分が高齢となって
不自由にならなければ気がつかないことがいろいろあるからです。

 

そして
リフォームの手続きは高齢者では難しいため変わって情報を得るようにしましょう。

 

 

*住宅には危険がいっぱい

 

*将来に備えた計画を必ずするべき

 

*危険な場所は階段だけではない【トイレの落とし穴】

 

*階段の手すりは両側に付けること

 

*高齢者の動線と行動を読む

 

*敷居ですらまたげない

 

*可動式の手すりの必要性(自作してみた)

 

*その洗面脱衣室は使いやすいですか?

 

*玄関でのつまずき

 

*リフォームの参考になるレポート(LINE@特典・無料)

 

*リフォーム業者は責任能力で選ぶこと

 

*そのリフォーム、適正価格ですか?(リフォームの相場を知る大切さ)

 

*戸建専門か、マンション、アパートが専門かで相場は変わる

 

*専門別のリフォーム業者

 

長くなりますので続きはこちらでごらんください。

 

 

高齢者のためのリフォームの盲点、高齢の親が身をもって示した危険性とは

 

 

 

 

TVボードオーダー

 

 

 










ホーム RSS購読 サイトマップ
TVボード作品集 TVボード価格表 TVボード設計集 ご依頼の手順(Q&A) お問い合わせ blog