このページの先頭へ

シンメトリーデザインにできない家

TVボード開発ストーリー

TVボード開発ストーリー

TVボード

 

 

を新築したお客様は


映画も好きで、音楽も好き、

そしてインテリアも好き


という御夫婦で、



インテリアショップなどを探し回っていましたが、

家が完成する直前まで決めることができずにいて、


ついに既製品がダメなら作ってもらうしかないという結論に達したのが

私にご依頼が来ることになったきっかけでした。




それで

ハウスメーカーからの紹介という形で

御夫婦のお話を聞きに伺いました。








という書き出しで


LIMIA(リミア)


TVボード開発ストーリーという記事を書かせていただきました。




デザインのコンセプトと家のインテリアにどのような影響を与えたかが

分かる内容となっていますので、


インテリアに興味のある方や、

その道のプロである

インテリアコーディネーターにもごらんいただきたいと思っています。



こちらからごらん下さい。



TVボード開発ストーリー:シンメトリーデザインにできない家

















Sponsered Link


 


関連ページ

LINE@:ハウスメーカーや建築会社の導入例はまだまだ少ない
ハウスメーカーや建築会社の「お知らせは」届いていない現実を知りましょう
TVボードの設計は簡単?
ご依頼された方の家のスペースにピッタリ寸法が合うことはもちろんのこと、 何をTVボードに収納したいか、どんな材質でどのように見せたいのかと数々の要望を聞きデザインに反映させていくのですから、簡単ではないということです。
家具は建物に合わないことが普通のことです
いくらセンスの良い家具を見つけても 部屋に置けないサイズだったり、ほかの家具とのバランスが取れないということはよくあります。
家の中の飾りと安全は『下地』しだい
どんなに素敵な家でもうまく飾れなかったら『台無し!』です!

ホーム RSS購読 サイトマップ
TVボード作品集 TVボード価格表 TVボード設計集 ご依頼の手順(Q&A) お問い合わせ blog